ファッションセンスを上げるには《着たい○○》が決まればOK!

『女の子にモテたい…』『自分を変えたい…』『ファッションが好きだから…』など、ファッションセンスはファッションを求める理由がなんであれ必ず必要になってきます。

ただ、一言で『ファッションセンス』と言っても、実際にセンスを上げるにはどうしたらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか?

 

Micky
『ファッションセンス 上げ方』…と。
もりもり
さっきから何してるのかと思ったらスマホで『ファッションセンスの上げ方』ってGoogleで調べてるやんw
Micky
男友達のファッションセンスが無さすぎてコーディネートすることになったんだけど、どうしたらいいか分からなくって…( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

レディースはジャンルの豊富さと流行の流れがメンズの数倍も早い業界ですが、メンズはそこまでカテゴリーの種類が豊富ではないので《幾つかのコツ》さえ掴めば簡単にセンスが上がります。

簡単にポイントを抑えるだけで5分もあれば何となくイメージが付くと思いますので、実際に挑戦してみて下さい。

 

ファッションセンスがないのは『自分の着たい服』が定まっていないから

 

もりもり
自分がどんな服着たいか”パッ”と考えてすぐ頭に浮かぶ?
Micky
ん〜、何となくは浮かぶよ( ͡° ͜ʖ ͡°)
もりもり
センスのない人はこれがパッと浮かばない人が多いんだよね…💦

 

どんな服が着たいのかが分からなければ、当然ながら『適当に服を選ぶことになる』のは言うまでもありませんし、適当に服を選んで、センスが上がるはずもありません

ファッションセンスを上げたいのであれば、自分の着たい服を適当では無く『着たい服を自分で選ぶ必要性』があります。

 

 

『自分が着たいジャンル・自分の好きな色・自分が好きな形』など、個性を出すポイントは幾つかあります。

そのポイントを『他人が〜。ではなく、自分が着たいから着る!』という風に変えていくのがセンスアップの第一歩です。

 

もりもり
何が着たいか分からなければ『ファッション雑誌』を一通り買ってきて、そこから厳選してけばOK✋
Micky
分からないからと嘆くのでは無く、まずは第一歩踏み出さないとね( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

自分の好きなジャンルを見つける

 

もりもり
洋服の種類がありすぎて分からない場合は、とにかく『1つのジャンルに絞る』のが大切!
Micky
お洒落な人って着る服が決まっていて『意外とワンパターン』だったりするよね( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

ファッションはルーツやジャンルによって色々と種類が分かれており、『ストリート・モード・キレイ目・カジュアル』など種類は1つではありません。

この中からがむしゃらに決めようとするのは大変なので、まずは1つ絞る必要性があり、その絞り込みをパパッと済ませられるのが『ファッション雑誌』の役割です。

 

◆10代男性向けファッション雑誌

◆20代男性向けファッション雑誌

◆30代男性向けファッション雑誌

◆40代男性向けファッション雑誌

 

上のリンクから年代別に気になる雑誌を片っ端から見ていって、ひたすらチェック!!

 

もりもり

ファッションセンスを上げたいならとにかく最初は勉強あるのみ😝

これはお洒落メンズなら誰しもが通ってきている道で、あなたとて例外ではありません!

 

気になる服や着こなしを『スマホで写真撮って保存』しておけば後で簡単に見返すことができてオススメ。

そうすると、自分の気になる服やジャンルが1つや2つは最低でも出てくるので、それを忘れずにスマホに写真を撮って保存していつでも見れるようにしておく。

 

ファッション雑誌で良い服が見つかったら、実際にお買い物へ

もりもり
買い物に行くっていってもそんなに難しいものじゃない✋

なぜなら・・・

Micky
なぜなら…( ͡° ͜ʖ ͡°)?
もりもり
今回のあなたは一味違う・・・!

着たい服がある程度決まっているから、洋服選びで迷わないからな😝

 

スマホで保存した写真の服が置いていそうなお店に行って、店員さんにその写真を見せて『こんな服あります?』と聞くだけで大体のアテムは揃う。

そんなんでファッションセンス上がるの?と思われるかもしれませんが、誰しもが『最初は他人の真似からスタート』しているということだけ覚えて置いて下さい(俺も同じ)

 

~大まかな流れ~

ファッション雑誌を読み漁って、良さそうな服を選ぶ

⬇︎

良さそうな服を写真で撮ってスマホに保存

⬇︎

同じ服が置いてそうな店で、店員さんに見せる

 

もりもり
めっちゃ簡単だろ?
Micky
分からないことを分からないのに考えるより、先に答えが出ている雑誌からヒントをもらえば確かに楽チンだね( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

適当に店員さんや友達のおすすめで服を買うわけでは無く、今回の場合は『自分で服を選んでいる』というのが大きなポイント。

ファッション雑誌のマネとはいえ、その服を選んで購入したのは『自分自身のセンス』です。

 

まとめ

ファッションとは『個性』であり、自分自身を他人に表現できる最もメジャーかつ、最大のステージです。

ファッションセンスの無さはあなた自身のステージの質の低さを表しており、あなたの価値を落とします。

 

もりもり
ファッションセンスがあるだけでモテますし、オーラが現れて一目置かれるようになるのは間違いない✋
Micky
『ファッションは最大のステージ』…だって。

普段そんなこと考えてたんだ( ͡° ͜ʖ ͡°)笑

 

~ザックリまとめ~

①まずは着たい服を決める!

⬇︎

②着たい服が無いなら、雑誌からパクる!

⬇︎

③パクった服を写メって買う!

 

雑誌で着たい服を見つけて、パクってそこから少しずつファッションを磨いて行くのがセンスを上げる近道です。

分からないことを分からないのに考えようとせずに、答えを知っているところから情報を得て、自分のものにする『モデリング』という方法です。

 

Micky
もりもりは20歳ぐらいの時は全体的にぐちゃぐちゃで本当にダサかったもんね〜( ͡° ͜ʖ ͡°)
もりもり
あの時は荒れてたし、気持ちの乱れはファッションの乱れや…😱
Micky
あ〜そっかそっか、彼女にフラれてたもんね…( ͡° ͜ʖ ͡°)笑

 

by もりもり。