【簡単】今すぐ実践出来る!あなたが”最短最速”でオシャレになれる3つのステップ。

 

ダサい人ってとことんダサくないですか?

皮肉ながら、それがファッションの世界。

 

ダサい人に限って、体臭がひどかったり髪の毛がボサボサだったりと身だしなみまで崩れていたりしますよね。

普段着だけでなく、スーツも最近はオシャレなデザインが多くなり、凝っている人とそうでない人で大きな差が生まれるようになってきました。就活生みたいなスーツ着てる人は決まって仕事が遅い印象があります。

 

もりもり
黒スーツに、黒い革靴に、ダサいネクタイのサラリーマン多いよね😅
Micky
普段はめっちゃオシャレだけど、その日はお葬式だったんだよ( ͡° ͜ʖ ͡°)w

 

就活生みたいなスーツ着て仕事してるのは日本ぐらいで、海外ではそもそもカジュアル着が多かったり、本場イタリアであればスーツにも拘りを必ずと言っていいほど挿れてきます。

なんていうか、日本人は「周りと同じ」を尊重するあまり、個々の特徴が大きく欠けてしまった民族な気がします。

 

シャレな人=自分の好みを分かってる人。

 

もりもり
上の文面は賛否両論はあるだろうけど、分かる人はわかってくれるはず✋
Micky
確かに、オシャレな人って不思議なぐらい他人と被らないよね( ͡° ͜ʖ ͡°)👍

 

①どんな服を着たいかを明確にする。

 

なたはどんな服を着たいですか?

 

こう聞かれてイメージが湧く人はオシャレな人、もしくはオシャレに近い人です。

イメージが湧くということはどういう服を買えば自分がオシャレに見えるかを分かっているシンボルなので、服屋に行っても迷わずに購入するものを選べる方です。

 

もりもり
服屋に行って、何買ったらいいか分からない状態の人は、まず何を着たいか明確にしないとな👍
Micky
欲しい服がないのと、何買ったらいいか分からないだとまた違うもんね( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

着たい服の見つけ方。

ただ、闇雲に服を買ってくるのも難しい話だと思います。まずは雑誌やインスタグラムを広げて「自分の好み」を見つけるのがオススメです。

他人の意見や流行に左右されずに「自分が好きだから着てみたい服」を探すのが大切。周りの意見よりも自分の意見を尊重することがオシャレへの最短最速の近道に繋がるからです。

 

もりもり
雑誌なら近くの書店で立ち読みできるし、インスタなら空き時間使えば探せるよな😤
Micky
便利な世の中になったものだ( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

  • 雑誌で深く読めるものがあればそれを購入。
  • インスタは良いなと思ったらすかさずフォロー。
  • この2つの好みの特徴が一致すれば完璧。

 

店員さんからしたら迷惑かも分かりませんが、雑誌の立ち読みは無料ですし、インスタでオシャレな人を探すのももちろん無料。お金を使わずとも自分の好みは探せちゃいます。

好みを明確にするのはこれからの「自分の理想像」を作る作業になり、自分のゴールにも繋がる大切な工程です。これを抜かすのはゴールのないマラソンを42km走るのと同じなので、何着たいか分からない人はまずここからです。

 

②実際にショップへ出向く。

自分の好みがぼんやりとでも分かったら次はそれを実際に着てみて、イメージをより具体的にする必要があります。

頭の中の世界と現実の世界をマッチングさせて、より自分の服に対するイメージを高めてあげることにより、服に対する興味と理想へのイメージも高まるのでオシャレへの階段を駆け上がることができます。

 

  • 自分の好みにあったショップを見つける。
  • 何店舗か周って、好みの店を見つけるのも◎
  • 実際に接客を受けて、気に入った服を着る。

 

もりもり
予め、自分の好きな服をリサーチしておけばショップ見てもイメージ湧きやすいでしょ😎
Micky
一度、見たものと同じような服を探せばいいから簡単だよね( ͡° ͜ʖ ͡°)♡

 

服屋で何を買ったらいいのか分からないのは頭の中にイメージが沸いてないからです。であれば、予め雑誌とインスタを使ってイメージを沸かせればいいだけの話。

「自分はこういう服が着たい」と頭に刻み込んで、ショップへ行くだけなのでとても簡単です。仮に服選びに迷ってもショップが見つかれば、店員さんの接客で勧められた服を着るのも◎です。

 

面倒くさがらずに必ず試着をする。

試着をするのが面倒なのは分かりますが、必ず試着はするべきです。

顔、体型、肌の色など人によってパーツが違いますので、試着をする前に購入するのは危険です。買う買わないに問わず、試着を行って頭の中のイメージをより具体的なものにしましょう。

 

  • 試着を面倒くさがるのは絶対NG。
  • 着たい服はバンバン試着(どうせ無料)
  • 店員の目が気になって着ないのは勿体無い。

 

もりもり
これ、実際に俺が試着大嫌いだから、入れといた😅
Micky
ネットで良いな〜と思った服も着てみたら全然違ったとか全然あるから試着大事だよね( ͡° ͜ʖ ͡°)/

 

着てみたい服があるのに、試着せずに満足するのは、例えるなら目の前に好みの美女が居るのにアプローチせずにその場を終わらせるようなもの(男なら当たって砕けろ)

服も人との出会いもタイミングがあるので、その場で試着しなかったら、在庫がなくて二度と着れないかもしれない。そう考えれば一時の感情でチャンスを逃すのは非常に勿体無いです。

 

購入して出掛けてみる。

好みが見つかって、実際にショップへ出向いて良い服が見つかったら、あとは買うだけ。手に入れるまでは予行練習で手に入れてからが本番です。

実際に購入して、自分の好みの服をバンバン外に出て着てみる。自分の力で選んだ自分の好きな服を着れば自然と気分も上がり、オシャレになったような気分を味わえます。

 

  • 購入して外に着てからが本番。
  • 自分の選んだ服なら気分も上がる。
  • 外に着て、初めて①の理想像に近づく。

 

Micky
予め好みをリサーチ掛けておいて、それに基づいた3ステップ…シンプルだけど効果ありそう( ͡° ͜ʖ ͡°)
もりもり
自分が本来着たいと思ってる服を着てるから、自分だけのオシャレにも近くし、何より簡単でしょ😎

 

洋服は見て満足する為に存在しているわけではなく、自分の力で手にして初めて価値を見出します。見て満足するのではなく、男なら多少無理をしてでも手に入れるべきです。

自分の理想像(ゴール)が決まっていれば、目標を立てやすく、実際にショップへ出向いてからも行動しやすいのでゴールを定めるか、定めないかで、自分のオシャレになれる速度がガラリと変わります。

 

まとめ

 

シャレは基本の積み重ね也。

 

この3ステップを繰り返すことで自分の頭の中に理想像と理想像に合った服が蓄積されていきます。実際に着てみて分かることもありますし、着てみて次に活かせることもあるはず。

ある日突然オシャレになる人はいないので、どんな人でも最初は自分の着たい服を見つけて、理想に向かって努力をしています。私もそうでしたし、海外の名のあるファショニスタもそれは同じ。

 

  1. 分の好みをリサーチする。
  2. 分の好みの服を店で見つける。
  3. 分の好きな服を買って、出かける。

 

もりもり
大体の人は①のリサーチが甘くて、②と③でつまづくからリサーチは怠らずに✌
Micky
今回さ、珍しく良コンテンツじゃん( ͡° ͜ʖ ͡°)/

 

「自分には才能がないからオシャレになるのは難しい…」と思っている方も多いかもしれませんが、それは違います。

自分が先入観で難しく捉えているだけで、ファッションに精通している人ほど自分の得意パターンの中で戦っているだけだったりします。最初からオシャレな人なんて居ません。

 

 

誰でも積み重ねでずオシャレになれます。

ダサい人はどこかで自分をめてるだけ。

 

これに関しては、実際に私自身がダサい服に身を包んでいたからこそ断言出来ます。

昨日までと違った知識、行動、経験を積めば100%変われるのが人間の魅力でもありますので、この記事を読んでいるあなたにも自信をつけてもっとファッションを楽しんで欲しい。

 

着る服が変わるだけで、人生もわるよ。

 

by もりもり。