【ビジネス】あなたのバックパックは大丈夫?知らないとダサい…3つの失敗ポイント。

 

サい人は、ダサいよね。

愛用する人の顔とセンスに依存する気がする。

 

Micky
電車でサラリーマンが背負おってるような、無難なバックパックは正直ダサい…( ͡° ͜ʖ ͡°)
もりもり
あれはバックパックもそうだけど、背負ってる「人」そのものがダサい😅

 

サいのはこういうやつね。

⬇︎⬇︎⬇︎

 

 

目立たないように無難で容量の良い使い勝手なモデルを選んでいるんだと思いますが、ファッション的な観点から見るとこういうデザインは「マジでダサい」です。

使い勝手で選ぶなら、背負うだけで荷物を運べる利便性は「ダサいバックパック」の方が高いですが、どうせ背負うならやっぱりカッコ良くて女子ウケの良いデザインを選びたいと思うのが男の常。

 

今回はにダサい人の共通点を挙げてきます。

ダメなことが分かった方が楽でしょ?

 

ダサい人がやりがちな失敗(1)使い勝手重視で選んでしまう。

 

洒落には我慢も必要。

雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ。

 

入れるものが多くなれば「大型」になりますし、大型になれば「軽量素材」を使うデザインになる。このように何かを得るためには何かを犠牲にしないといけません。

男のバッグをカッコ良く見せる秘訣は「スマートで上品に…」が基本です。まとまったバッグに、上品な素材感は必要不可欠。なので、それに反する大容量で軽量素材はかっこいいバッグパックから離れてしまいます。

 

Micky
荷物が多いメンズって、いかにも「仕事が出来ない」イメージ( ͡° ͜ʖ ͡°)
もりもり
頭の中で「何が本当に必要か?」を整理できない人ほど荷物は多くなるからね😅

 

スマートで上品に見せる3つのコツ。

 

  1. バックパックは出来るだけ小型を選ぶ。
  2. 必要なもの、不必要なものを分別。
  3. 荷物は最小限に抑える。

 

もりもり
女の子でもそうだけど「「荷物が多い=ダラシなく見える」」ってのは男女共通してあるよな😩
Micky
荷物の多さで「ダメなやつ」って判断されるのは嫌だから私も気をつけよっと…( ͡° ͜ʖ ͡°)💦

 

これは仕事に限らずですが、何でも荷物を持ち運べば良いというものでもありません。必要なもの、不必要なもので別れるはずです。事前にその辺を考えて荷物を減らすだけでも【重量が減って楽】を出来るのはあなた自身。

荷物が多いと、中から物を取り出す時にあたふたして、仕事中の大事な時間も無駄にすることになるので荷物が多くて良いことは限られてきます。スマートかつ、効率的に仕事をするためにもバックパックはコンパクトにまとめるのが◎です。

 

理整頓は自己責任。

仕事をやりやすくするのも、モテるのも自分次第。

 

 

ダサい人がやりがちな失敗(2)安っぽい「バッグ」で妥協する。

「君はなぜそれをチョイスしたんだい?」

 

安物買いの失い。

節約するのはそこじゃないだろ。

 

少し考えて欲しいのが【ビジネスでバッグパックを使用する=仕事中は常に携帯する】ということ。言ってしまえばあなたの仕事のお供であり、右腕的存在です。

その右腕にコストを割かずに「安物で妥協」して、周りからは「うわ、ダサっ!」と思われながら背中に背負い、壊れたらすぐに買い換えるような代物で妥協して良いものでしょうか?

 

Micky
節約もわかるけど、自分が「普段の生活」で使うものは妥協せずにお金掛けるべきだと思うな〜( ͡° ͜ʖ ͡°)
もりもり
「とりあえず」で買うと、後でもっと欲しいものが出たら「とりあえずで買った分」の【お金は損】するからね😅

 

安っぽく見せない3つのポイント。

 

  1. 素材はナイロンよりレザー推奨。
  2. 見た目は派手なものよりシンプルに。
  3. ポケットの少ないスマートな見た目。

 

Micky
言われてみれば、ポケットが沢山付いてたら便利に見えるけど「高級感」は欠けるね( ͡° ͜ʖ ͡°)💦
もりもり
ナイロン素材も丈夫で良いけど「ビジネスで演出」するならレザーの方がイメージは良いよ😏

 

ナイロンから高級感を連想する人は少ないでしょう。やはり高級感といえば「レザー」が王様です。レザーは使えば使うほど風合いが出ますし、大事に手入れすれば清潔感も抜群で女子ウケが良いのも評価できるポイント。

プライベートで使う分にはどんなデザインでも構いませんが、ビジネスで使うなら「シンプルかつエレガント」な男らしい見た目のバックパックをチョイスするのが個人的にはオススメです(派手なのは論外)

 

せるなら機能性より見た目を選べ。

バックパックがカッコイイと後ろ姿も2割増。

 

 

ダサい人がやりがちな失敗(3)色のバランスが悪い。

「え、色のバランスも分からないの?」

 

全体を3色で抑えるのが基本。

それ以上だとバランスが悪くなってダサく見える。

 

例えば「スーツがネイビー」「ネクタイが赤」「靴がブラウン」ならこれ以上色を使うと基本のルールから外れてしまいます。なので、バックパックは靴と合わせて「ブラウン」にというのが基本に乗っ取った選び方。

例えばここでバックパックをブラウンではなく「ベージュ」にすると、スーツとは合いますが、靴とバックパックの色が相反してしまうので全体のバランスは崩れてちぐはぐな見た目になってしまいます。

 

Micky
色を沢山使った方がお洒落って思ってたけど、実際は真逆なんだね…( ͡° ͜ʖ ͡°)
もりもり
ビジネスの場なら尚更で「見た目がカラフルなビジネスマンなんて信用できないでしょ?」って話😅

 

色のバランスで失敗しない為のコツ。

 

  1. 全体を3色に抑える。
  2. 靴の色とバッグを合わせるとお洒落。
  3. 「黒・茶・紺系」がオススメ。

 

Micky
「靴」と「バックパック」の色が合ってたら、後ろ姿見た時に「この人、お洒落!」って感じるかも( ͡° ͜ʖ ͡°)
もりもり
バッグだけ色を変える人もいるけど「スーツ・靴・ネクタイ」のいずれかの色と合わせた方が統一感出てお洒落に見えるよ😏

 

自分の色選びのセンスに自信がない人は「黒・茶・紺系」の色をチョイスして、靴の色とバックパックの色を合わせておけば間違い無いです(てか、鉄板の選び方)

ビジネスに問わずプライベートの着こなしでも「3色ルール」は万能に使えるので「俺はお洒落になりたい!」と言う人は頭の片隅に置いておくと、いざという時に活躍してくれます。

 

やってみると外とムズイ。

お洒落は「引き算」が鉄則。

 

 

まとめ

美女「全部知ってて当然よね?」

 

サい人ほど「適当に妥協」して選ぶ。

だから、ダサいわけよね(当然)

 

お洒落な人ほど「自分をお洒落に魅せる方法を頭で理解」しているので、ダサくならないコーデに仕上がります。ダサい人ほど無頓着で拘りがないので、ダサい。

そうならない為にも今回紹介したポイントを頭の片隅に置きながら、自分の持っているアイテムと相談してバックパックをチョイスするのがオススメです。

 

バックパックをお洒落に魅せるコツ。

「背中で語れる男になろうぜ」

 

  1. 使い勝手より見た目を取るべき。
  2. ナイロンよりレザー(高級感重視で)
  3. コーデ全体を3色で仕上げる。

 

もりもり
言ってることは難しくないと思うけど、これを理解して実践に移せる人は「100人中10人」ぐらいだろうね😅
Micky
「仕事出来ない・見た目がダサい」って人ほど「人の話に耳を傾けない」のはなぜだろう( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

たかがバックと思うかもしれませんが、仕事中は常に携帯して、自分も他人からも見られるのが「自分のバッグ」であり「周りからあなた自身がどういう人なのか判断されるポイント」でもあります。

後ろめたさを感じながら背中に背負うのも苦だと思うので、バックパックに関しては「妥協せずに長く使いたいと思う上品な代物」を選んで購入すべきというのが私の意見です(持ち物には拘った方が良い)

 

ろ姿って意外と見られてるもんだよ。

ほら、背中にゴミ付いてるよ?

 

by もりもり。

 

関連記事

ダサい男は知らない…これだけは絶対にNGな洋服選びの《3つのタブー》

【最強の革靴】絶対に欲しい!超一流が履くべき《最高級》ビジネスシューズブランド5選。

どのブランドがお好き?《注目度抜群》お洒落メンズバックパック5選。

【実話】彼女「服、ダサくね?」と真顔で言われてガチで凹んだ高校時代の話。

【疑問】割り勘はダサい?男性が女性の会計は全て出すのは「当たり前」なのか?